レース情報
race

取手競輪場F1シリーズ 11月9日開催初日

  • S級戦
  • A級戦

【S級戦展望】四国コンビが中心

 連係実績豊富な太田竜馬、小倉竜二の四国コンビがV争いの中心だ。太田は7月小松島で地元記念初制覇。その後は成績が下降していたが、9月岐阜記念で見事な優勝を飾った。10月前橋の寛仁親王牌は二次予選B3着で準決勝進出を逃したが、短走路で展開に左右された。デキ自体は上向いている。まだ年末のグランプリ出場の望みはある。今シリーズはしっかり結果を出して競輪祭につなげる。小倉は年頭から高いレベルで安定していた。8月富山記念でも準Vと好走したが、9月は2度の落車に見舞われた。まずは体をしっかり治して、立て直していく。
 山田久徳は9月地元向日町のブロックセブンで今年3度目のVを達成。寛仁親王牌も負け戦ながら2勝を挙げるなど気配は良好だ。多彩な戦法を駆使して力を出し切る。
 鈴木竜士は昨年11月の記念シリーズ以来、1年ぶりとなる地元参戦でモチベーションは高い。今期に入ってやや精彩を欠いているが、しっかり仕上げて迎える。地元初優勝しか狙っていない。ベテランの神山雄一郎は鈴木をしっかりアシストしてゴール前勝負に持ち込む。
 鈴木裕、山賀雅仁に齊藤竜也の南関勢も他地区と互角に渡り合える戦力を有している。差し脚の切れが戻ってきた成田和也は新鋭の藤根俊貴とタッグを組んで勝機を見出す。

皿屋豊 (三重/111期/S2)

 10月は2場所連続優出。ここに来て一気に調子、成績を上げてきた。平塚の準決勝は黒沢征の先行を豪快にまくって、番手の小嶋敬とワンツーを決めた。

皿屋豊

伊早坂駿一 (茨城/105期/S2)

 先手を取れないと脆いが、自分のペースで駆けた時は粘りに粘る。9カ月ぶりの地元戦で気持ちが入る。きっちり仕上げて結果を残す。

伊早坂駿一

才迫開 (広島/101期/S2)

 成績の波は相変わらず激しいが、ツボにはまった時の破壊力はケタ違いだ。8月向日町の決勝は3番手確保から力強くまくって、今年2度目のV。その後も好調を維持している。

才迫開

出場選手

S級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
西川親幸 熊本 57期 102.35 0 0 0 2 1 2 1 2 12
神山雄一郎 栃木 61期 105.79 0 0 0 4 4 1 7 5 16
伊藤正樹 愛知 71期 101.47 0 0 0 3 6 1 8 6 21
斉藤竜也 神奈川 73期 106.14 0 0 0 4 3 1 6 5 24
新井秀明 熊本 85期 104.55 0 0 0 3 1 3 1 1 15
成田和也 福島 88期 113.71 0 0 0 4 2 1 5 2 9
飯野祐太 福島 90期 104.50 7 0 5 5 0 7 3 3 19
鈴木裕 千葉 92期 110.31 3 0 5 6 0 9 2 1 4
山田久徳 京都 93期 110.33 5 0 6 3 0 8 1 6 18
真船圭一郎 福島 94期 102.54 11 1 1 0 2 0 4 6 16
金子哲大 埼玉 95期 107.19 9 1 7 2 1 5 6 1 14
近藤龍徳 愛知 101期 105.88 1 0 1 4 2 3 4 8 17
鈴木竜士 茨城 107期 112.69 2 1 8 4 3 8 8 3 13
太田竜馬 徳島 109期 112.05 10 3 5 0 0 5 3 2 12

S級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
浜口高彰 岐阜 59期 99.71 0 0 0 4 1 3 2 4 26
冨岡健一 岐阜 64期 91.82 0 0 0 0 1 0 1 1 26
金山栄治 滋賀 72期 93.59 0 0 0 0 1 0 1 1 27
佐藤康紀 青森 73期 102.33 0 0 0 1 2 1 2 6 15
小野俊之 大分 77期 94.40 0 0 0 3 1 1 3 0 31
佐野梅一 京都 78期 100.57 0 0 1 3 3 1 6 4 17
佐藤真一 東京 79期 103.00 0 0 0 2 4 2 4 4 14
舘泰守 愛知 80期 96.78 1 0 1 1 0 2 0 4 17
飯嶋則之 栃木 81期 102.91 0 0 0 2 3 0 5 5 12
兵藤一也 群馬 82期 97.31 0 0 0 4 0 1 3 4 21
手島志誠 群馬 83期 93.77 0 0 0 0 0 0 0 2 20
鈴木誠 福島 84期 98.97 0 0 1 4 2 4 3 5 19
佐藤雅彦 宮城 87期 94.34 0 0 1 4 1 5 1 2 27
松坂洋平 神奈川 89期 107.38 12 4 9 2 0 13 2 4 10
松田優一 茨城 90期 91.88 0 0 0 2 2 1 3 1 20
高橋雅之 千葉 90期 98.42 0 0 1 2 2 1 4 3 25
網谷竜次 香川 91期 102.81 0 0 0 3 3 0 6 5 15
野本翔太 高知 91期 95.64 0 0 0 0 0 0 0 0 11
須藤誠 千葉 92期 97.12 0 0 0 1 0 1 0 4 21
前田義和 鹿児島 94期 92.71 11 2 5 0 0 5 2 1 27
久木原洋 埼玉 97期 97.44 1 1 5 2 1 5 4 3 15
近藤夏樹 千葉 97期 101.31 9 3 5 1 0 8 1 7 23
橋本智昭 宮城 99期 94.13 19 5 1 0 0 4 2 4 21
久米康平 徳島 100期 102.88 9 1 6 0 0 5 2 5 20
冨尾享平 大阪 101期 100.14 0 0 1 2 2 2 3 5 18
才迫開 広島 101期 96.92 6 0 5 3 0 4 4 7 24
伊早坂駿一 茨城 105期 101.64 8 6 2 0 0 5 3 0 6
水谷将司 愛知 105期 91.41 4 0 2 2 0 2 2 2 23
吉田昌司 茨城 111期 97.27 4 0 2 1 0 1 2 2 10
染谷幸喜 千葉 111期 101.19 20 10 3 0 0 7 6 3 16
格清洋介 静岡 111期 94.20 8 2 2 1 0 3 2 3 22
皿屋豊 三重 111期 106.16 24 12 3 1 0 9 7 3 13

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 鈴木 竜士選手

  • 松田 優一選手

  • 伊早坂 駿一選手

  • 吉田 昌司選手

【A級戦展望】戦力充実の関東勢

 戦力充実の関東勢がシリーズをリードする。木村貴宏、浦川尊明の80期地元コンビに期待が集まる。17年ぶりのA級となった今期の木村はいきなり2場所連続優勝。その後も好調を維持している。浦川は8月に2度の落車、失格。それから欠場しているだけにケガの回復具合がポイントになりそうだ。眞杉匠、樋口開土の113期勢に、城幸弘ら前を任せる機動型がしっかりしているだけに、勝ち上がりの段階から優位に運べそうだ。戦法の幅を広げている土屋壮登もV候補に挙げられる。
 中村圭志は今年に入って優勝10回。展開に左右される追い込み型ながら抜群の安定感を誇っている。今シリーズも展開不問の決め脚で魅せる。同じ九州では上吹越俊一も強烈なまくり、追い込みを武器に奮闘している。ほかにも西日本の遠征勢では白上翔の存在感が光る。今期は初戦の武雄でいきなり失格。8月には落車もあったが、気持ちを切らさず徐々に上向いている。

黒木誠一 (兵庫/60期/A1)

 7月小倉の落車からリズムを崩したが、ここにきて急復調。9月弥彦は連勝の勝ち上がり。決勝も2着と好走した。

黒木誠一

吉竹尚城 (静岡/109期/A1)

 9月函館の準決勝は後方から豪快にまくって快勝。成績の波は大きいが、ツボにっはまると格上選手を撃破する。

吉竹尚城

出場選手

A級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
重一徳 鹿児島 57期 87.55 0 0 2 6 3 5 6 4 16
杉浦康一 北海道 58期 85.12 0 0 0 2 5 1 6 5 21
宮倉勇 千葉 58期 86.41 0 0 0 1 1 1 1 15 15
黒木誠一 兵庫 60期 87.80 0 0 1 11 0 6 6 2 21
有賀高士 石川 61期 92.71 0 0 0 2 3 1 4 6 24
出口真浩 神奈川 63期 83.83 0 0 0 3 0 1 2 5 16
大山泰伸 香川 68期 84.76 0 0 0 3 1 2 2 2 19
真原健一 神奈川 69期 89.47 0 0 0 3 6 1 8 5 16
一丸安貴 愛知 70期 79.94 0 0 0 2 0 1 1 3 27
鈴木規純 福島 75期 84.30 0 0 0 0 1 0 1 4 22
太田真一 埼玉 75期 91.16 0 0 1 7 5 5 8 2 16
松永晃典 静岡 76期 93.12 0 0 0 7 1 4 4 4 13
浦川尊明 茨城 80期 87.18 0 0 0 3 2 0 5 5 18
木村貴宏 茨城 80期 92.29 0 0 0 4 5 2 7 4 15
光畑政志 岡山 84期 85.63 0 0 0 3 1 1 3 7 19
中村圭志 熊本 86期 98.30 0 0 0 15 3 7 11 4 8
山本健也 千葉 89期 93.82 3 1 2 3 3 5 4 3 16
井上公利 宮城 93期 85.88 14 9 3 0 0 5 7 3 17
安部龍文 大分 94期 82.42 0 0 0 3 1 3 1 7 25
白上翔 滋賀 95期 91.78 0 0 3 9 0 9 3 4 16
城幸弘 山梨 96期 93.20 8 1 4 2 0 6 1 6 12
上吹越俊一 鹿児島 99期 94.56 1 1 8 5 0 10 4 1 10
土屋壮登 埼玉 101期 91.36 4 1 3 4 0 4 4 4 21
会沢龍 宮城 105期 91.88 8 4 8 4 0 11 5 2 14
中尾翔 岡山 107期 83.17 6 0 3 1 0 1 3 2 12
吉竹尚城 静岡 109期 86.18 12 4 4 0 0 7 1 2 24
奥出良 石川 109期 93.07 12 7 4 1 0 8 4 4 14
池部壮太 大分 109期 84.14 20 7 1 1 0 4 5 2 18

A級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
南雲孝之 東京 54期 76.74 0 0 0 1 3 1 3 2 32
中塚記生 熊本 63期 74.68 0 0 0 1 0 0 1 3 24
椿佳友 北海道 64期 78.09 0 0 0 0 0 0 0 2 20
長沢道雄 兵庫 65期 73.21 0 0 0 0 0 0 0 2 36
松木竜也 愛媛 65期 76.04 0 0 0 1 1 0 2 2 19
大沼孝行 静岡 74期 79.90 9 2 1 1 0 2 2 2 24
十文字菊雄 福島 75期 86.76 0 0 0 2 2 0 4 2 15
武田靖夫 茨城 76期 79.53 0 0 0 0 2 0 2 2 26
芝田和之 埼玉 77期 80.48 0 0 0 0 0 0 0 6 19
金子周一郎 埼玉 78期 88.09 0 0 0 6 2 2 6 5 19
三宅旬 岡山 80期 83.46 0 0 0 3 1 2 2 2 22
丸林一孝 福岡 81期 83.13 0 0 0 2 2 1 3 11 16
高谷進太郎 三重 85期 79.46 0 0 0 2 0 2 0 0 26
浅沼聖士 静岡 87期 81.46 1 1 1 2 0 1 3 1 19
大泉英則 宮城 89期 85.79 0 0 0 4 2 2 4 5 23
高谷敏史 青森 91期 84.86 7 3 2 1 0 5 1 2 13
石川恭規 福島 93期 80.93 0 0 0 2 1 0 3 1 26
中川拓也 群馬 94期 88.90 3 1 5 2 2 5 5 3 17
前川裕希 北海道 95期 77.57 2 0 0 1 0 1 0 0 22
中西司 神奈川 95期 81.35 0 0 0 2 0 0 2 4 20
今村俊雄 山梨 99期 80.94 0 0 0 5 1 2 4 0 26
竹元太志 福岡 107期 86.57 8 3 6 2 0 4 7 2 17
菅田謙仁 宮城 109期 79.43 8 1 0 0 0 0 1 2 18
眞杉匠 栃木 113期 95.08 20 11 4 0 0 12 3 1 9
樋口開土 東京 113期 89.53 18 9 5 0 1 8 7 4 11
薦田将伍 愛媛 113期 91.30 14 8 3 1 0 8 4 4 11

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 浦川 尊明選手

  • 木村 貴宏選手

  • 武田 靖夫選手