レース情報
race

旨い!常陸牛杯 4月7日開催初日

  • A級戦
  • チャレンジ

【A級戦展望】高橋雅之が鋭脚発揮

小野裕次、高橋雅之の千葉コンビがシリーズをリードする存在だ。高橋は降級後、3月大宮まで決勝で確定板を外していない。目標不在だった大宮の決勝では、関東勢の番手を奪う強気な立ち回りで今年初Vをゲット。ここは同県の小野と息を合わせ、格上の決め脚を発揮しよう。小野は多彩な戦法を使い分け、高いレベルで安定している。今シリーズも展開に応じた攻めで高橋と決める。
層の厚い関東勢も強力。宮下貴之は1月平塚で今年初優勝を飾った。3月大宮決勝では逃げ粘って準Vとタテ脚は健在だ。差し脚切れる松根真が援護して逆転を狙う。自在性増す小林令は復調なら侮れない。S降りの阿久津修も展開さえ向けば勝つ準備はできている。
新人の牧田賢也もV候補の一角を占める。2月小田原では連日、バックを取って準Vと好走。落車のケガから立ち直りつつある。

竹山慶太 (宮城/105期/A2)

 昨年7月の昇班後は苦戦が続いていたが、2月前橋は連日バックを取る積極的な競走で2連対。3月静岡では2勝とここも侮れない。

竹山慶太

出場選手

A級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
梅山英樹 群馬 72期 85.47 0 0 0 2 2 1 3 3 8
松江健一 静岡 72期 79.43 0 0 0 0 0 0 0 3 20
遠藤勝行 静岡 73期 90.83 0 0 0 2 9 1 10 10 3
鈴木規純 福島 75期 82.29 0 0 0 1 2 0 3 3 18
小室貴広 茨城 75期 85.00 0 0 0 1 3 0 4 9 17
早川成矢 埼玉 78期 83.33 3 2 5 2 2 6 5 4 18
成田直喜 青森 81期 89.04 0 0 0 4 4 4 4 6 13
宮下貴之 埼玉 81期 91.11 0 0 0 1 3 0 4 5 9
柏木伸介 静岡 84期 94.06 2 0 0 2 0 1 1 1 13
藤原清隆 静岡 87期 90.70 1 0 0 5 3 3 5 9 6
伊豆田浩人 神奈川 87期 85.67 0 0 0 0 2 0 2 0 4
阿久津修 栃木 88期 96.89 0 0 0 2 0 1 1 1 15
塚本和宏 栃木 90期 83.53 0 0 0 1 0 1 0 2 12
松根真 東京 90期 86.74 0 0 0 3 4 3 4 4 12
高橋雅之 千葉 90期 94.11 0 0 0 4 7 3 8 4 12
亀谷隆一 神奈川 92期 90.60 1 1 0 3 1 2 3 3 17
寺林正秋 宮城 93期 88.08 0 0 0 4 2 2 4 5 13
小野裕次 千葉 95期 97.38 1 0 5 5 1 6 5 4 11
舘真成 茨城 98期 82.52 3 1 2 2 0 4 1 3 17
三浦平志郎 秋田 100期 80.87 6 3 0 0 0 2 1 1 11
田原宥明 北海道 105期 82.61 5 1 2 2 0 4 1 0 13
小林令 山梨 109期 102.70 5 0 1 5 1 5 2 5 15

A級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
諸田勝仁 埼玉 54期 66.62 0 0 0 1 2 0 3 1 17
南雲孝之 東京 54期 69.19 0 0 0 2 2 1 3 7 16
武藤嘉伸 埼玉 59期 67.88 0 0 0 1 2 1 2 1 20
鈴木守 神奈川 61期 65.67 0 0 0 1 2 1 2 1 11
斯波雅貴 静岡 64期 79.14 0 0 0 1 0 1 0 0 13
平沢秀信 北海道 73期 79.89 0 0 1 0 1 1 1 2 14
今西一之 埼玉 77期
志村正洋 神奈川 77期 67.69 0 0 0 1 4 0 5 5 16
相楽修 千葉 78期 83.88 3 0 1 4 1 3 3 2 16
木村元信 青森 81期 80.50 0 0 0 2 0 2 0 4 22
山崎明寛 千葉 81期 67.93 1 0 1 1 0 2 0 5 20
土屋宏 群馬 83期 76.85 3 0 0 2 3 1 4 2 20
栗田雅也 静岡 84期 77.32 5 0 2 0 0 0 2 2 24
坂口卓士 福島 88期 91.95 0 0 0 3 6 2 7 3 8
黒田篤 栃木 88期 78.73 0 0 0 1 0 0 1 2 19
佐藤謙 栃木 90期 77.93 0 0 0 4 2 3 3 4 17
盛田将人 北海道 92期 79.67 0 0 0 1 0 0 1 3 14
松本昌士 福島 92期 78.96 0 0 0 1 2 0 3 5 16
久保将史 神奈川 95期 84.81 16 4 1 2 0 4 3 6 14
西巻秀太 新潟 97期 83.04 0 0 0 2 1 2 1 4 17
等々力久就 長野 98期 83.54 7 3 3 1 1 4 4 4 14
竹山慶太 宮城 105期 83.50 1 0 1 0 0 1 0 1 2
牧田賢也 福島 111期 87.40 19 12 1 0 0 6 7 6 11

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 小室 貴広選手

  • 舘 真成選手

【チャレンジ展望】能代谷元がVに最短

南関勢の戦力が充実している。優勝候補の筆頭は能代谷元だろう。組み立ての甘さはまだ解消されていないが、今年はここまで7場所で優勝2回、準V2回と結果を残している。力をしっかり出し切れば負けない。差し脚シャープな法月成祐が練習仲間の能代谷を手厚くガードする。今年は優勝2回、準V3回と能代谷よりも点数を持っている。すんなり番手なら逆転は互角以上だ。染谷幸喜は3月大宮で完全Vを達成。ここに来て本格化の兆しを見せている。同期の能代谷とは南関同士だが、別線になれば真っ向勝負を挑む。
坂本敏也は1、2班戦でも連にからんでいた実力者だ。2月小田原ではオール連対でV。経験値の高さで強力な南関勢に抵抗する。
落車のケガから復帰した藤本龍也の走りも見逃せない。しぶとい菊池崇訓が藤本の援護役だ。

吉松賢二 (群馬/90期/A3)

降班後は4場所で優出2回。決まり手は逃げから追い込みまでバランスよく決まっている。混戦レースは見逃せない。

吉松賢二

出場選手

A級3班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
黒瀬浩一 静岡 57期 72.65 0 0 0 3 1 3 1 4 18
宮原貴之 栃木 67期 65.38 0 0 0 0 0 0 0 0 24
伊藤直幸 東京 68期
後藤学 東京 70期
今井英明 神奈川 71期
本間淳 茨城 72期
滝口和宏 東京 72期 71.44 0 0 0 3 0 2 1 4 18
馬場喜泰 埼玉 76期
渋江洋平 栃木 77期 67.38 1 0 0 1 3 0 4 2 20
法月成祐 神奈川 77期 94.00 0 0 0 6 4 4 6 5 4
古谷秀明 神奈川 79期
植木貴志 栃木 80期 68.06 4 0 2 0 0 0 2 8 22
石井功二 静岡 80期
斎藤光洋 静岡 80期
伊藤司 福島 83期 69.78 4 2 4 1 1 2 6 4 15
野村昌弘 埼玉 84期 67.76 0 0 0 1 0 1 0 3 17
渋川聡士 新潟 84期 63.94 2 0 0 0 0 0 0 1 15
菊池崇訓 栃木 85期 82.44 0 0 0 2 0 0 2 1 6
木村健司 埼玉 85期 69.78 1 0 0 0 2 0 2 6 10
佐野多喜男 新潟 85期 69.54 0 0 0 2 3 1 4 5 14
小橋川健一 千葉 87期
吉松賢二 群馬 90期 77.81 0 0 1 1 3 1 4 3 19
辺見斎 福島 92期 69.67 0 0 0 3 1 2 2 3 20
坂本敏也 北海道 93期 67.74 1 0 0 0 0 0 0 4 15
佐藤康恭 福島 94期 68.41 2 2 2 2 2 4 4 2 17
阿久津浩之 群馬 94期 73.57 11 11 0 1 1 3 10 7 10
木村成希 千葉 96期 64.61 8 2 0 0 1 0 3 1 14
渡辺馨 神奈川 96期 67.71 4 3 0 0 0 2 1 1 3
鈴木達也 福島 97期 80.50 0 0 1 2 0 1 2 3 18
藤本龍也 長野 98期 68.14 2 2 1 0 0 0 3 1 10
猪狩雄太 福島 103期 67.46 5 3 2 1 0 5 1 1 17
平川雅晃 長野 107期 79.46 9 2 1 0 0 2 1 2 19
猪野泰介 山形 111期 76.00 5 3 1 0 0 3 1 2 9
染谷幸喜 千葉 111期 103.85 15 9 1 1 1 6 6 5 10
能代谷元 神奈川 111期 93.80 1 0 2 2 1 3 2 3 2

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 本間 淳選手