レース情報
race

CTC杯 11月29日開催初日

  • A級戦
  • チャレンジ
  • L級戦

【A級戦展望】先行力際立つ菅野航基

 先行基本の積極的な競走で別線を沈黙させている菅野航基が本命。今期は2Vを飾っているし、準決ではほとんどの場所で勝ち星をゲットしており安定感は高い。直近4カ月の競走得点は今シリーズトップだ。いつも通りの自力攻撃でVをものにしよう。明田春喜、房州輝也が菅野を盛り立てる。明田は10月函館123着。目標をつかんだときの捌き、差し脚はしっかりしている。準決を乗り切れない場所が目立つ房州ながら、6月函館、10月静岡ではいずれも3連勝を達成している。好展開が巡ってくれば、首位に躍り出る場面もありそうだ。
 地元の松田優一も好勝負が見込める。決勝を外す場所が少なくないものの、8月平塚121着、9月奈良322着など、随所で好走している。まくり兼備の差し脚鋭く、好位置占めれば地元Vゲットは十分だろう。宮下一歩を目標に勝機を見い出す。
ここ3場所は優参ゼロ、勝ち星もなく、やや調子を落としている原田亮太。近況からは強気に推せないが、本来の機動力はかなりのもの。復調してくれば侮れない。巴直也が原田とタッグを組む。
 中四国勢も今岡徹二、児玉慎一郎、久樹克門とそろっている。最近の今岡はそれほど自力を出していないので、久樹が先頭で戦うか。好連係を決めれば連独占も考えられる。

出場予定選手
菅野航基
出場予定選手
松田優一

中川聖大 (福岡/121期/A2)

 落車負傷のため約2か月実戦を離れた。復帰後は今ひとつだったが、3場所目の10月宇都宮では、準決をまくって2着で復帰後の初優参を果たした。上位戦でも侮れない。

中川聖大

山田祐太 (福島/113期/A2)

 予選は大きな数字が目立っていたが、9月前橋から10月大宮までの5場所は予選で3勝、2着1回と成績が急上昇している。自力攻撃の破壊力が増した印象だ。

山田祐太

出場選手

A級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
国武耕二 佐賀 66期 84.79 0 0 0 2 5 1 6 5 12
十文字菊雄 福島 75期 81.83 0 0 0 2 1 0 3 3 12
児玉慎一郎 香川 76期 99.10 0 0 1 1 0 2 0 2 6
山崎充央 東京 79期 88.67 0 0 0 2 1 1 2 2 4
内藤敦 岡山 80期 84.84 0 0 0 3 2 2 3 3 11
坂本晃輝 佐賀 81期 87.63 0 0 0 3 4 2 5 11 9
明田春喜 北海道 89期 89.48 0 0 0 5 5 4 6 5 8
松田優一 茨城 90期 86.10 1 0 1 4 1 4 2 5 10
房州輝也 福島 91期 92.30 3 3 8 8 0 12 7 4 7
亀谷隆一 神奈川 92期 80.89 0 0 0 4 1 1 4 2 20
柴田竜史 静岡 96期 84.70 0 0 0 3 3 1 5 3 18
巴直也 神奈川 101期 91.26 0 0 0 7 2 6 3 3 15
今岡徹二 広島 111期 90.83 3 2 1 7 0 6 4 1 13
久樹克門 徳島 113期 94.00 9 5 6 2 2 11 4 8 7
宮下一歩 長野 115期 90.37 20 10 0 0 0 4 6 4 16
原田亮太 千葉 115期 99.58 16 8 3 0 0 9 2 0 15
和泉尚吾 愛媛 117期 89.89 9 3 0 2 1 2 4 4 8
菅野航基 宮城 119期 93.00 11 2 0 0 0 1 1 1 20

A級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
杉浦康一 北海道 58期 82.28 0 0 0 2 2 2 2 2 12
岡崎昭次 愛媛 67期 80.10 0 0 0 0 0 0 0 1 9
海野敦男 静岡 69期 65.67 0 0 0 0 1 0 1 4 10
豊田一馬 群馬 73期 82.38 0 0 0 1 1 0 2 3 8
大沼孝行 静岡 74期 81.71 10 6 1 0 0 1 6 2 15
丹波靖貴 岡山 74期 86.16 0 0 0 4 2 3 3 8 11
岩橋則明 埼玉 78期 78.00 0 0 0 0 0 0 0 0 2
三宅旬 岡山 80期 87.00 0 0 0 5 3 5 3 6 13
土屋仁 茨城 84期 82.08 2 0 1 1 3 0 5 4 17
江本博明 千葉 90期 86.22 0 0 0 3 4 3 4 3 17
山崎寛巳 新潟 93期 79.67 2 0 0 0 0 0 0 0 3
伊藤拓人 静岡 94期 79.43 0 0 0 0 0 0 0 1 6
矢田晋 福岡 94期 73.30 13 11 2 1 0 11 3 2 11
吉田昌弘 埼玉 97期 81.40 0 0 0 3 0 0 3 6 16
竹山慶太 宮城 105期 86.48 14 7 3 1 0 9 2 3 13
山田祐太 福島 113期 83.11 13 7 0 0 0 4 3 1 19
中川聖大 福岡 121期 92.46 13 6 5 1 0 6 6 3 9

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 松田 優一選手

  • 土屋 仁選手

【チャレンジ展望】松田昂己が地元Vに闘志

 在所成績は第57位の松田昂己だが、先行回数が多く脚力は上位クラス。ルーキーシリーズでVがあるし、本格デビュー後の成績もいい。10月宇都宮で初Vを達成すると、その後も同月富山、11月大宮はいずれも112着とオール連対の準V。持ち味の自力攻撃で地元Vをゲットしよう。
 機動力なら斉藤樂も互角以上。在所成績は第15位で、卒業記念レースで決勝に乗っている。本格デビュー後は先行基本の競走で2V、準V4回と常に優勝争いに絡んでいる。ただ、10月小松島で落車して次場所を欠場。体調には一抹の不安が残る。同県の菅田謙仁も自力主体の競走だが、斉藤と連係が叶うようなら前を任せよう。絶好の展開が巡ってくる可能性もあり、単も十分だろう。
 新人をまとめて撃破すれば大槇大介か。10月は別府122着、小松島211着、宇都宮126着と素晴らしい成績だ。仕掛けがツボにはまれば勝ち負けに持ち込める。9月青森、10月高松はいずれも黒瀬浩に食い下がって準V。しぶとい山中崇弘が大槇に続き中四国ラインを形成か。
 オールドルーキー・坪内恒は、まだ力を出し切れていない感があるものの、パワーは折り紙付き。きっかけをつかめれば怖い。

出場予定選手
松田昂己
出場予定選手
斉藤樂

吉田勇気 (福岡/117期/A3)

 最近は予選で飛ぶ場所もあり成績は今ひとつだが、当所は7月に走って3連勝した実績がある。上位戦でも自在戦が奏功すれば連に浮上してきそうだ。

吉田勇気

石黒健 (広島/81期/A3)

 直近5場所は3回決勝に乗っていて、9月高知の決勝は中原航の逃げに食い下がり準Vと気を吐いた。まだ自力も出せるが、番手戦もそつなくこなしている。

石黒健

出場選手

A級3班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
小林宏年 静岡 55期 69.00 0 0 0 2 1 0 3 6 18
椿佳友 北海道 64期 65.65 0 0 0 0 1 0 1 5 11
板羽俊一 埼玉 64期 65.88 0 0 0 1 2 0 3 3 20
三谷幸宏 北海道 67期
桜井紀幸 群馬 68期 72.06 0 0 0 1 4 0 5 5 8
赤石聡 群馬 69期 80.17 1 0 2 2 1 1 4 4 21
岡崎徹 神奈川 70期 67.46 0 0 0 0 0 0 0 3 10
北村匡章 静岡 71期 66.31 1 0 0 1 0 0 1 6 32
戸辺裕将 茨城 72期
亀井宏佳 宮城 74期 68.70 0 0 0 4 1 2 3 6 16
松岡慶彦 栃木 74期 67.41 0 0 0 1 1 1 1 2 18
四元慎也 宮崎 77期 82.44 0 0 0 4 1 2 3 4 23
五十嵐博一 熊本 79期 69.79 0 0 0 1 1 1 1 5 7
行成大祐 香川 80期 72.28 0 0 0 3 7 2 8 4 11
木村元信 青森 81期 65.60 0 0 0 2 0 1 1 2 31
高田隼人 熊本 81期
塚本諭 福島 85期 70.60 0 0 0 1 2 1 2 1 11
細沼健治 埼玉 89期 74.00 6 4 1 4 2 3 8 7 9
小酒大司 福島 94期 66.50 3 0 0 6 0 3 3 3 23
佐藤康恭 福島 94期 71.77 6 3 3 4 0 2 8 5 15
玉木英典 北海道 95期 68.11 2 2 0 1 3 1 5 1 21
渡辺馨 神奈川 96期 69.37 0 0 0 0 3 0 3 4 12
前島恭平 長野 98期 68.81 8 4 0 2 0 3 3 3 18
鈴木広人 神奈川 99期 74.42 3 1 5 8 3 9 8 4 12
竹村達也 高知 99期 70.29 7 2 2 2 2 3 5 4 12
瀬口匠 宮崎 99期 79.90 2 2 0 1 1 2 2 3 14
村上貴彦 栃木 100期 79.93 0 0 1 1 0 1 1 3 25
菅田謙仁 宮城 109期 89.44 5 3 0 1 3 0 7 5 6
山中崇弘 高知 113期 74.05 0 0 0 7 2 4 5 3 9
吉田勇気 福岡 117期 80.10 16 2 1 0 0 3 0 5 22
池田伍功羽 熊本 121期 82.40 4 0 4 0 0 1 3 1 10
斉藤樂 宮城 123期 92.38 7 7 5 2 0 9 5 2 5
松田昂己 茨城 123期 76.58 14 11 2 0 1 8 6 2 8
坪内恒 千葉 123期 86.78 7 4 0 1 0 5 0 4 9
日吉克実 静岡 123期 65.15 4 2 1 0 0 2 1 1 16
龍野琳太郎 岡山 123期 76.48 11 4 11 0 1 11 5 2 5

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 戸辺 裕将選手

  • 松田 昂己選手

【L級戦展望】積極的に攻める竹野百香

 底力は鈴木美教が断然上位だが、8月あたりから本調子を欠いている。前期は9Vを達成しているのに対し、今期はまだ優勝に手が届いていない。そこで本命には竹野百香を推した。第124期生の在所成績トップで、ルーキーシリーズで2Vを飾っている。本格デビュー後も10月松戸で初Vを3連勝で達成した。先行基本ながらまくりでも力を発揮できている。いつも通りの積極的な競走でVを目指す。
 好調時のようなスピードが影を潜めているとは言え、鈴木美教はガールズグランプリ参戦の実績もある実力者。調子が戻れば圧勝してもおかしくない。
 相変わらず勝ち味に遅く、2、3着が目立つ比嘉真梨代だが、自力も出していて動きは悪くない。9月佐世保では小林優の準V。久しぶりに主役を演じるか。
 まくり、差し鋭い松本詩乃も軽視できない。まだ優勝経験はないものの、予選の連がらみが多く、優参の常連と化している。巧く流れに乗れれば一発も。
 好位置占めるとしぶとい藤原春陽、機動力にはなかなかのものがある廣木まこにも注意したい。

 

出場予定選手
竹野百香
出場予定選手
鈴木美教

五味田奈穂 (千葉/124期/L1)

 師匠(野口裕)に負けじと先行基本の競走で奮戦中。予選は大敗続きだったが、10月京王閣から11月小倉まで、予選1で3場所続けて2着に入っている。

五味田奈穂

戸田瑞姫 (茨城/122期/L1)

 着実に力を付けていて、自在戦が冴えている。10月松戸213着、11月青森では準Vと成績はうなぎ登り。熟知しているホームバンクで躍動するか。

戸田瑞姫

出場選手

L級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
三宅玲奈 岡山 108期 47.24 0 0 0 1 2 1 2 2 16
高橋朋恵 東京 108期 49.71 0 0 0 0 4 0 4 9 18
佐藤友香 青森 110期 48.14 2 0 1 0 2 0 3 5 20
鈴木美教 静岡 112期 55.50 5 0 6 7 1 10 4 5 3
比嘉真梨代 沖縄 114期 50.71 3 1 1 1 3 1 5 5 17
野崎菜美 山口 118期 44.38 0 0 0 0 0 0 0 0 21
廣木まこ 福岡 118期 53.28 10 2 5 2 2 6 5 7 7
戸田瑞姫 茨城 122期 52.48 0 0 2 4 2 3 5 7 12
松本詩乃 東京 122期 54.05 2 0 1 6 1 4 4 10 4
安東莉奈 大分 122期 51.00 3 0 0 1 5 0 6 4 14
五味田奈穂 千葉 124期 50.59 7 6 2 0 0 4 4 6 15
竹野百香 三重 124期 55.05 13 6 5 1 1 9 4 5 4
宮西令奈 石川 124期 45.85 0 0 0 0 0 0 0 1 26
谷元音羽 鹿児島 124期 46.83 2 0 0 1 0 1 0 2 21

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 戸田 瑞姫選手