レース情報
race

アオケイ×トリマクリ!CUP 8月31日開催初日

  • A級戦
  • チャレンジ
  • L級戦

【A級戦展望】先行でV狙う木村佑

 先行基本の競走で着実に力を付けてきた木村佑来。前期のS級戦では5月あたりから連対率が急上昇していた。S級でも予選、選抜クラスで通用するレベルになっていただけに、さすがにA級では先行力上位。2戦目の7月平塚では3連勝を達成、準決と決勝は逃げ切っている。小笠原昭太、中村敏之輔ら援軍がそろっているここは、いつも通りの積極的な競走で優勝をものにしよう。小笠原は47歳のベテランながら差し脚は鋭い。5月岸和田、6月青森で優勝をゲットしている。中村は2か月半欠場していて、7月函館から復帰。調子に問題がなければ好勝負が期待できる。
 金子哲大、丸山直樹の埼玉コンビも侮れない。金子は長らくS級で活躍していて、S1班を張った実績もある。降級した今期の成績は7月前橋116着、同月伊東741着。主導権を握ったときは勝っている。好機に仕掛けて先手を奪えば勝ち負けに持ち込める。丸山は7月武雄で3連勝を達成。素晴らしい伸びを披露していたので、好展開が巡ってくれば首位に躍り出る場面もありうる。
 田中和磨も前期はS級で戦っていたが、やや力不足の感があった。今期の成績も今ひとつだけに、展開がもつれないと厳しいか。福島栄一は6月向日町で優勝。位置取り、差し脚ともにしっかりしている。

 

出場予定選手
木村佑来
出場予定選手
金子哲大

栗田万生 (千葉/111期/A1)

 しばらく決勝に乗れない場所が続いていたが、5月あたりから優参率が急上昇。7月静岡では優勝もゲットしている。調子を上げているので目が離せない。

栗田万生

伊藤太一 (山梨/91期/A2)

 低空飛行が続いていたが、6月弥彦で121着とヒットを飛ばすと、その後も鋭い伸びを披露している。予選は主力になるし、上位戦でも軽視は禁物だ。

伊藤太一

出場選手

A級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
山崎敦雄 静岡 70期 86.56 0 0 0 5 2 4 3 8 12
水書義弘 千葉 75期 86.82 0 0 0 2 1 2 1 2 6
高木竜司 熊本 82期 88.76 0 0 0 6 1 5 2 3 11
高瀬卓 埼玉 87期 74.00 0 0 0 0 0 0 0 0 5
山崎悟 茨城 92期 88.29 0 0 0 4 6 2 8 4 10
丸山直樹 埼玉 93期 92.17 0 0 0 3 5 3 5 4 12
福島栄一 香川 93期 99.92 0 0 0 4 2 3 3 5 14
桜井太士 岡山 94期 88.52 0 0 0 8 3 6 5 5 11
金子哲大 埼玉 95期 91.25 3 3 2 3 0 6 2 2 6
小竹洋平 福岡 97期 87.37 2 0 2 3 4 3 6 5 16
川又裕樹 鹿児島 97期 87.41 0 0 0 6 1 1 6 7 13
岡田啓渡 愛媛 100期 87.21 0 0 0 2 2 1 3 5 5
渋谷錬 神奈川 103期 84.46 0 0 0 3 0 2 1 8 17
伊早坂駿一 茨城 105期 80.06 7 6 0 2 0 7 1 2 24
坂本拓也 福島 111期 89.04 2 1 7 4 0 6 6 4 10
栗田万生 千葉 111期 89.25 16 11 1 1 0 7 6 1 10
田中和磨 岡山 113期 92.13 3 0 0 0 0 0 0 4 20
木村佑来 宮城 119期 99.81 18 6 1 0 0 3 4 3 17

A級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
梶応弘樹 愛媛 57期 80.53 0 0 0 1 4 1 4 3 11
山根泰道 岡山 64期 79.50 0 0 0 0 1 0 1 2 13
石田洋秀 広島 64期 83.50 0 0 0 2 2 1 3 7 19
渡辺満 福岡 73期 80.71 0 0 0 1 3 0 4 1 16
石川英昭 静岡 75期 78.78 1 0 1 1 0 1 1 1 24
鳥生知八 愛媛 77期 81.83 0 0 0 1 2 0 3 6 15
藤原義晴 岩手 88期 66.82 0 0 2 2 1 3 2 1 22
伊藤太一 山梨 91期 84.74 1 0 3 2 1 4 2 7 18
木田有隆 福島 92期 62.34 0 0 0 0 0 0 0 0 41
山本淳 神奈川 94期 81.44 0 0 0 2 2 1 3 3 18
下沖功児 宮崎 95期 81.67 10 6 3 1 1 6 5 5 20
舘真成 茨城 98期 82.70 5 2 4 1 0 5 2 6 17
小川辰徳 埼玉 100期 76.89 8 1 0 0 0 0 1 1 25
田口裕一 千葉 100期 86.52 0 0 0 4 2 3 3 2 13
門馬琢麿 北海道 105期 71.37 13 13 0 0 0 9 4 3 14
原井剣也 福岡 119期 88.85 9 5 3 3 0 10 1 5 11
松崎広太 茨城 123期 93.08 18 17 3 1 0 12 9 0 3

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 山崎 悟選手

  • 伊早坂 駿一選手

  • 舘 真成選手

  • 松崎 広太選手

【チャレンジ展望】ここ出走なら青木瑞

 在所成績第19位の青木瑞樹は、バランスの取れた脚質で、ルーキーシリーズでは2場所続けて決勝に進出。本格デビューするといきなり7月武雄、同月和歌山と6連勝を達成し、特別昇班に王手をかけている。この開催の前にチャレンジ戦を卒業している可能性はあるが、ここ参戦なら優勝候補の筆頭だ。
 在所成績は第9位とベストテン入りを果たした松崎広太が最上位。記録会では3回ともA評価を獲得した快速の持ち主。本格デビュー戦の7月立川は212着とオール連対の準Vと、まずまずのスタートを切った。好スパートを決めれば地元V望める。
 パワーリフティングで活躍していた石田典大は馬力が自慢。本格デビュー戦の7月立川は113着。優勝は成らなかったものの、決勝はジャン前から突っ張って駆けるスケールの大きな競走をしていて、内容は申し分なかった。一発の魅力を秘めている。
 在所成績は第22位の山口直樹だが、ルーキーシリーズはあまり振るわなかった。本格デビュー戦の7月函館は325着。すべて最終バックを取ったものの、やや末脚が甘かった。航続距離を伸ばせれば好勝負に持ち込める。
 岡崎陸登は本格デビュー戦の7月久留米の予選で落車し、以後は欠場している。体調が浮沈の鍵となりそうだ。

出場予定選手
青木瑞樹
出場予定選手
松崎広太

三浦平志郎 (秋田/100期/A3)

 予選はほとんど連を外していないし、散発的ながら準決でも連に絡んでいる。直近4ケ月の連がらみの決まり手は約7割が逃げ。先行力を発揮して若手を翻弄するか。

三浦平志郎

相川巧 (埼玉/98期/A3)

 自力勝負が基本だが、ラインの若手と一緒のレースは前を任せている。4月前橋の決勝は、中山拓のまくりに続いて準V、6月立川の準決では、逃げ切った永井哉にタイヤ差まで肉薄した。

相川巧

出場選手

A級3班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
橋本忠延 高知 53期
野崎修一 栃木 57期 67.81 0 0 0 2 0 1 1 5 20
沢亀浩司 福岡 60期 69.44 0 0 0 4 0 3 1 5 18
斎藤明 北海道 61期 67.32 0 0 0 2 2 2 2 4 17
藤光健一 東京 63期 68.74 0 0 0 2 2 0 4 10 17
松木竜也 愛媛 65期 72.29 0 0 0 1 1 1 1 1 4
脇田良雄 広島 66期 68.33 0 0 2 0 0 2 0 6 22
浜田昭一郎 鹿児島 67期 71.76 0 0 0 6 4 3 7 8 15
河合康晴 静岡 68期 77.65 0 0 0 1 0 1 0 1 15
郷坪和博 神奈川 70期 64.74 0 0 0 1 0 0 1 2 24
河添信也 熊本 74期
宮沢晃 山梨 75期 70.63 0 0 0 0 2 0 2 2 4
上原直樹 岡山 75期 69.00 1 0 1 8 2 8 3 3 21
沖健一 高知 75期 69.10 0 0 0 1 2 1 2 4 13
阿部利光 宮城 77期 70.78 1 0 0 5 3 4 4 6 22
古寺伸洋 埼玉 78期 66.70 0 0 0 1 0 0 1 3 23
水本博行 岡山 78期 82.78 0 0 0 2 2 1 3 2 21
三沢勝成 宮城 83期 69.26 1 0 0 2 6 0 8 8 18
宮下潤 神奈川 86期 70.80 0 0 0 0 1 0 1 0 4
大林亮介 香川 86期 72.94 0 0 1 7 6 3 11 5 14
高田隼人 千葉 88期 67.97 4 1 2 1 1 1 4 4 22
徳吉正治 福岡 89期 80.12 2 2 0 1 1 2 2 3 26
大沢哉太 北海道 95期 65.65 1 0 0 0 2 0 2 1 20
櫻井宏樹 東京 98期 69.38 8 7 1 1 0 5 4 4 16
藤本龍也 長野 98期 71.64 7 4 3 0 2 3 6 5 11
相川巧 埼玉 98期 77.93 5 1 0 0 0 1 0 2 12
吉竹雄城 千葉 99期 69.50 0 0 0 2 3 2 3 4 17
細田純平 広島 99期 76.52 2 0 0 2 0 1 1 1 24
三浦平志郎 秋田 100期 71.58 17 7 2 0 0 7 2 3 21
吉田悟 熊本 119期 70.46 7 4 1 1 2 4 4 4 14
高橋海月 青森 123期 73.50 8 6 3 0 0 6 3 3 10
石田典大 東京 123期 79.17 18 14 4 0 0 17 1 2 4
山口直樹 神奈川 123期 70.75 7 5 0 0 0 1 4 2 5
岡崎陸登 愛媛 123期 79.00 8 7 5 1 0 10 3 2 3
堀越翔己 福岡 123期 75.38 15 10 1 2 0 7 6 2 6

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 地元選手の出走はありません

【L級戦展望】飯田風に期待も混戦

 上位陣の実力が拮抗していて狙いは絞りにくいが、戦歴は今年3Vを飾っている飯田風音が一歩リードしている。勝率も約37%と高く、自力攻撃の破壊力にはなかなかのものがある。当所は3月に走っって奥井迪、石井貴(千葉)らを相手に3連勝しているし、5月は決勝3着と相性がいい。
 藤田まりあは今年1V、準V3回。7月は3場所走って決勝での連がらみはなかったものの、予選は6走すべて連に絡んでいて最近の動きも悪くない。十八番のまくりが決まれば単望める。
 仕掛けが最も積極的なのは山口真未。最終ホーム、バックの先制回数が多く、連がらみの決まり手は9割超が自力によるもの。フレッシュクイーン準Vはあるものの、今年はまだ優勝に手が届いていないだけに、そろそろ決勝で結果を出したい。
 まだ優勝経験はない松本詩乃だが、5月平、6月函館はいずれも準V。主武器のまくりが炸裂なら好勝負に持ち込める。

出場予定選手
飯田風音
出場予定選手
藤田まりあ

杉沢毛伊子 (静岡/104期/L1)

 7月大垣、同月大宮と続けて決勝に乗っている。大宮の予選2では最終バック先制のまくりで2着に入った。うまくレースの流れに乗れると一発ある。

杉沢毛伊子

山本さくら (愛知/120期/L1)

 5月高松から7月和歌山までの5場所は一般戦ながらオール連対。7月大垣では予選2で2着に入り決勝に乗っている。機動力を発揮できれば怖い。

山本さくら

出場選手

L級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
杉沢毛伊子 静岡 104期 49.33 2 0 3 2 1 0 6 2 19
大谷杏奈 大阪 110期 47.95 0 0 0 0 1 0 1 3 17
中西叶美 愛知 112期 46.58 0 0 0 1 0 0 1 2 16
新井美菜 埼玉 116期 46.75 2 1 1 0 0 1 1 0 14
藤田まりあ 埼玉 116期 56.00 1 0 2 8 0 9 1 2 1
飯田風音 埼玉 120期 56.67 3 1 13 9 1 21 3 2 4
刈込奈那 千葉 120期 46.96 12 2 0 1 0 1 2 1 20
山口真未 静岡 120期 55.22 5 1 3 5 2 7 4 4 3
山本さくら 愛知 120期 45.30 3 0 1 0 0 0 1 2 24
松本詩乃 東京 122期 53.86 3 0 3 8 1 6 6 10 6
池上あかり 福岡 122期 48.09 0 0 0 0 1 0 1 1 9
戸邉香奈実 茨城 124期 45.83 2 1 0 0 0 0 1 1 22
藤高千恵 広島 124期 45.00 0 0 0 0 0 0 0 1 11
谷元音羽 鹿児島 124期 47.00 2 0 1 1 0 2 0 0 19

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 戸邉 香奈実選手