レース情報
race

  • A級戦
  • チャレンジ
  • L級戦

【A級戦展望】菅谷隆司がV争いをリード

 混戦模様も関東勢を中心視する。菅谷隆司は、前期はほとんどの開催で優出し、2Vと準V2回。今期初戦の京王閣でも決勝2着に入った。今回も自力主体の自在戦でラインを上位独占に導く。援護するのは地元の須賀和彦だ。1月小倉MNの初日特選は、カマした森田康の番手から伸びて白星を挙げた。好アシストを決めて鋭脚を発揮できるか。
 北日本勢を率いる磯島康祐は、近況は準決勝が壁となっているが、前期は3Vを飾った実力者。持ち前の先行策は軽視できない。川津悠揮や小佐野文秀を連れて関東勢に対抗しよう。
 1月松戸で先行して準Vの栗本尚宗に、堅実な遠藤勝行らが付ける南関勢にも警戒したい。

出場予定選手
菅谷隆司
出場予定選手
須賀和彦

宿口潤平 (埼玉/91期/A1)

 12月西武園の優出を機に、その後は1月小田原、続く小倉MNでも決勝にコマを進めた。差し脚好調で3日間、警戒したい。

宿口潤平

前島恭平 (長野/98期/A2)

 チャレンジ戦の前期は、ルーキー相手にも先行策で随所に白星を挙げた。同格戦はもちろん、勝ち上がり戦でも仕掛けがツボにはまれば怖い存在だ。

前島恭平

出場選手

A級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
遠藤勝行 静岡 73期 90.19 0 0 0 5 3 1 7 4 15
小室貴広 茨城 75期 83.69 0 0 0 3 4 0 7 6 13
石川英昭 静岡 75期 83.70 0 0 0 1 3 1 3 7 16
谷津田将吾 福島 83期 90.38 0 0 0 5 2 2 5 3 11
小佐野文秀 山梨 83期 89.88 1 0 0 6 3 2 7 5 10
岩崎将士 青森 88期 83.74 2 0 0 0 3 0 3 6 18
須賀和彦 茨城 89期 91.15 0 0 0 5 2 2 5 7 13
宿口潤平 埼玉 91期 93.95 1 0 3 9 1 9 4 5 4
斉藤健人 静岡 92期 88.12 21 14 2 0 1 11 6 2 14
丸山直樹 埼玉 93期 87.33 0 0 3 5 3 5 6 3 10
川津悠揮 北海道 96期 92.10 0 0 0 4 4 3 5 4 8
菅谷隆司 東京 96期 90.29 6 2 3 1 1 3 4 4 13
長沼謙太 東京 99期 84.83 1 0 1 6 2 4 5 4 10
磯島康祐 青森 105期 93.29 5 4 3 3 0 6 4 3 8
高橋大輝 秋田 111期 85.71 8 2 3 1 0 3 3 3 15
渋谷海 北海道 113期 88.08 13 5 4 0 1 5 5 4 10
柿本大貴 東京 113期 88.43 10 7 2 0 0 5 4 4 8
栗本尚宗 千葉 113期 90.64 2 0 1 2 1 2 2 2 5

A級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
山城光央 静岡 64期 75.33 0 0 0 0 1 0 1 0 5
井上典善 千葉 66期 79.45 0 0 0 0 1 0 1 2 19
岡嵜浩一 神奈川 69期 81.47 0 0 0 2 1 1 2 1 15
塚本勝士 栃木 81期 81.90 2 1 0 2 1 3 1 1 16
関戸努 宮城 82期 83.11 0 0 0 2 2 2 2 4 19
堀勝政 群馬 83期 82.18 0 0 0 0 3 0 3 5 20
白石大輔 福島 88期 80.96 0 0 1 1 1 1 2 1 19
工藤考生 埼玉 90期 78.96 0 0 0 3 3 1 5 2 18
石田宏樹 青森 91期 87.70 14 6 4 3 0 8 5 4 13
長岡豪 群馬 91期 81.50 0 0 0 1 5 1 5 3 21
山本淳 神奈川 94期 83.33 1 1 0 0 1 0 2 3 10
舘真成 茨城 98期 85.84 4 3 6 0 1 6 4 2 13
前島恭平 長野 98期 85.40 8 5 0 0 1 1 5 4 15
鈴木豪 福島 105期 84.21 5 2 5 0 0 5 2 4 13
桜井大地 静岡 111期 84.52 16 13 0 0 0 5 8 2 12
照井拓成 岩手 115期 87.04 11 7 2 1 1 6 5 4 9
佐藤礼文 茨城 115期 91.60 4 1 6 2 1 6 4 1 4

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 小室 貴広選手

  • 須賀 和彦選手

  • 舘 真成選手

  • 佐藤 礼文選手

【チャレンジ展望】成清龍之介が本命も激戦

 ルーキーの成清龍之介に期待したい。9月松戸の落車後は約3カ月間欠場して、12月広島のレインボーカップから復帰。レースは内に包まれる展開で6着に敗れたが、9車立てで超細切れ戦だったので状態を見極めるには参考外のレースだろう。本格デビューからは、それまで全ての開催で決勝にコマを進めているし、2度の優勝を飾っている。今シリーズまでに調子を戻してV争いを演じられるか。
 関東勢を率いる上川直紀も侮れない。在所順位は40位ながら、デビュー後は着実に力を付けて1月川崎で3度目の優勝を飾った。持ち味のスピードは成清相手にも軽視はできない。
 降班組の森田達也は、初戦の小倉MNでオール確定板入り。自在な立ち回りで上位進出を目指す。

出場予定選手
成清龍之介
出場予定選手
上川直紀

黒川将俊 (千葉/92期/A3)

 12月西武園MNは、2日目から同格戦で2勝をマーク。連日、鋭いまくりで高配当を演出した。混戦レースなら、人気の有無に関わらず注目したい。

黒川将俊

黒滝大翔 (茨城/117期/A3)

 デビュー直後は大敗もあったが、最近は予選や同格戦では高確率で白星を挙げている。地元戦の今回は、壁となっている準決勝でも軽視は禁物だ。

黒滝大翔

出場選手

A級3班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
海野晃 静岡 58期 68.65 0 0 0 1 2 1 2 5 18
長正路樹 東京 60期 67.65 0 0 0 2 2 1 3 5 14
鈴木守 神奈川 61期
飯島亮 東京 68期 69.33 0 0 0 0 0 0 0 5 10
佐藤隆二 北海道 69期 71.33 0 0 0 7 8 5 10 2 16
落合豊 茨城 69期 70.82 0 0 0 2 4 1 5 2 14
富岡武志 茨城 70期
斉藤重明 東京 71期
武田靖夫 茨城 76期 73.00 1 1 1 3 5 2 8 6 11
物部国治 東京 76期 69.52 0 0 0 4 3 2 5 5 15
阿部利光 宮城 77期 70.43 1 0 0 5 2 3 4 3 11
吉田雄三 宮城 77期 68.78 0 0 0 1 2 0 3 6 18
村上順規 新潟 80期 68.00 0 0 0 1 2 1 2 8 15
富沢洋祐 静岡 81期 73.42 0 0 0 4 3 3 4 2 15
小林和彦 群馬 82期 68.38 3 2 0 2 1 2 3 2 14
栗田雅也 静岡 84期 68.78 5 4 1 0 2 2 5 5 15
片岡昌彰 千葉 85期 70.06 1 0 0 1 1 1 1 2 14
加賀美智史 山梨 87期 70.00 11 8 0 0 0 7 1 5 15
小林大能 千葉 87期 70.38 3 1 1 5 1 6 2 6 15
佐藤正吾 宮城 88期 71.18 0 0 1 5 1 5 2 3 12
森田達也 福島 88期 76.10 3 0 7 5 2 8 6 3 13
桂馬将人 福島 89期 70.42 2 0 4 3 3 3 7 1 13
中山健 新潟 89期 69.21 1 0 3 1 1 3 2 2 7
関口泰明 神奈川 90期 65.43 0 0 0 0 2 0 2 0 5
田村純一 福島 92期 69.52 6 1 4 2 0 6 1 3 17
黒川将俊 千葉 92期 68.91 6 5 3 1 0 7 2 3 21
保科圭太 新潟 94期 71.38 4 3 0 2 3 4 4 5 19
三木翔太 群馬 95期 71.80 7 3 2 4 3 4 8 1 17
菅原洋輔 岩手 98期 69.43 7 3 4 0 0 5 2 4 17
小川辰徳 埼玉 100期 72.46 9 4 3 1 0 6 2 4 14
三浦綾 宮城 105期 70.68 10 3 1 1 0 3 2 6 14
黒滝大翔 茨城 117期 68.78 8 4 3 0 0 4 3 2 14
上川直紀 栃木 117期 83.29 13 9 9 2 0 19 1 1 3
成清龍之介 千葉 117期
小坂元雄斗 神奈川 117期 70.11 3 2 0 4 1 3 4 2 18

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 落合 豊選手

  • 富岡 武志選手

  • 武田 靖夫選手

  • 黒滝 大翔選手

【L級戦展望】梅川風子の力が違う

 ナショナルチームに加入してトレーニングをしている梅川風子が中心だ。昨年は8月名古屋のアルテミス賞を含む14回の優勝を達成。ガールズグランプリでは2着に入る活躍をみせた。今年初戦の四日市でも完全優勝を飾っていて安定感は抜群だ。今シリーズも頭一つ抜けた存在でV最有力候補。
 梅川に対抗するのは、同期の鈴木美教だ。鈴木も昨年は2度目のガールズグランプリに出場した。前記の四日市では梅川を交わせず2着だったが、今回こそ逆転を目指す。
 加瀬加奈子も自力主体のレースで堅実に決勝にコマを進めているし、118期在所トップの永塚祐子も1月広島で大久保花梨らを破って無傷で優出した。好調ムードで見逃せない。

出場予定選手
梅川風子
出場予定選手
鈴木美教

土屋珠里 (栃木/110期/L1)

 1月川崎の決勝はまくった尾崎睦を交わして、一昨年8月向日町以来の優勝を飾った。自力もあるが、今回も好位を確保できれば連日、怖い存在だ。

土屋珠里

青木美保 (埼玉/118期/L1)

 決勝進出は少ないが、一般戦では自分より点数上位の選手を相手に随所に白星を挙げている。予選でも位置取り次第では要注意。

青木美保

出場選手

L級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
岡村育子 埼玉 102期 46.31 0 0 0 0 1 0 1 0 28
渡辺ゆかり 山梨 102期 46.10 0 0 0 0 2 0 2 1 26
加瀬加奈子 新潟 102期 53.35 10 5 3 1 0 5 4 3 5
田中麻衣美 新潟 102期 45.79 0 0 0 0 0 0 0 0 19
石井貴子 東京 104期 53.37 21 13 0 1 1 8 7 4 8
荒川ひかり 茨城 110期 51.81 0 0 0 2 5 0 7 9 10
土屋珠里 栃木 110期 52.07 5 1 4 1 3 2 7 9 11
鈴木彩夏 東京 110期 48.37 0 0 0 0 6 0 6 2 19
梅川風子 東京 112期 55.89 2 0 5 1 0 4 2 1 2
鈴木美教 静岡 112期 56.03 9 8 8 10 1 24 3 2 5
三森彩桜 福島 116期 46.70 0 0 0 1 2 1 2 2 22
太友花 福島 118期 43.61 1 0 0 0 0 0 0 0 18
青木美保 埼玉 118期 51.54 1 1 0 5 0 4 2 8 14
永塚祐子 神奈川 118期 48.72 1 0 1 1 0 0 2 1 15

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 荒川 ひかり選手