レース情報
race

坂巻正巳杯・日刊スポーツ賞 8月2日開催初日

  • S級戦
  • A級戦

【S級戦展望】総合力高い菅田壱道

総合力高い菅田壱道がV争いの中心だ。5月川崎F1で今年2度目のV。6月取手記念でも優出するなど、このクラスでは格上位の存在だ。7月平サマーナイトは勝ち上がりに失敗したが、最終日は鮮やかなまくりを決めている。今シリーズも得意のまくりで混戦を断ち切る。連係実績豊富な齋藤登志信が宮城同士で強力タッグを組む。菅田の仕掛け次第では逆転も望める。
 長島大介は6月青森G3で決勝3着と好走。その後も好調を維持している。ここも流れに応じた立ち回りで力を見せる。栃木同士の神山雄一郎は取手記念で落車した影響が気がかりだ。鈴木謙太郎、山下渡の地元勢が栃茨で連係するかもしれない。
 南関勢は田中晴基に小原太樹、土屋裕二が力を合わせて戦う。田中は取手記念で3勝をマーク。番手戦も増えたが、自力の脚力もまだまだ健在だ。小原は7月川崎F1で今年初優勝を飾るなど好調時の切れが戻ってきた。

出場予定選手
菅田壱道
出場予定選手
長島大介
出場予定選手
田中晴基

末木浩二 (山梨/109期/S2)

 6月川崎F1では今年初優出。準決勝はロングまくりでラインを上位独占に導いた。成績の波は大きいが、調子は右肩上がりだ。

末木浩二

中川貴徳 (栃木/91期/S2)

 6月青森F1では今年初優出。準決勝は目標の矢口啓が不発の展開からコースを突いて大金星。高配当の立役者になっている。

中川貴徳

田頭寛之 (千葉/109期/S2)

 ガールズケイリンの蓑田真璃と結婚して千葉に移籍。S級デビュー戦となった川崎F1は未勝利に終わったが、3日間主導権を取って見せ場は作った。

田頭寛之

出場選手

S級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
斎藤登志信 宮城 80期 106.58 0 0 0 6 0 4 2 1 12
土屋裕二 静岡 81期 103.26 0 0 0 3 1 2 2 4 11
近藤俊明 神奈川 87期 103.18 0 0 0 7 2 4 5 3 16
河野通孝 茨城 88期 100.00 0 0 0 2 2 0 4 1 8
武田豊樹 茨城 88期 109.19 0 0 0 9 1 8 2 7 14
渡部幸訓 福島 89期 105.00 0 0 0 5 3 4 4 2 17
鈴木謙太郎 茨城 90期 102.25 11 0 7 0 0 2 5 3 18
田中晴基 千葉 90期 107.52 5 0 3 7 1 5 6 5 15
菅田壱道 宮城 91期 113.38 3 0 9 2 0 10 1 1 9
小原太樹 神奈川 95期 107.04 0 0 0 4 3 4 3 5 11
竹村勇祐 秋田 96期 106.13 0 0 0 8 2 5 5 0 6
長島大介 栃木 96期 110.29 10 5 3 3 0 7 4 5 8

S級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
佐藤和典 神奈川 70期 93.22 0 0 0 1 1 1 1 2 23
飯田辰哉 千葉 72期 98.38 0 0 0 1 0 1 0 4 8
棟方次郎 青森 73期 98.06 0 0 1 2 2 2 3 10 20
丸山啓一 静岡 74期 98.63 0 0 0 7 1 3 5 1 15
安部達也 埼玉 83期 103.00 0 0 0 4 1 3 2 2 12
山信田学 埼玉 83期 96.43 0 0 0 3 1 3 1 3 21
真崎新太郎 栃木 85期 98.65 0 0 0 0 4 0 4 5 14
青森伸也 福島 87期 100.56 0 0 0 2 2 1 3 5 9
石橋慎太郎 静岡 88期 93.60 0 0 0 2 0 0 2 3 20
古屋琢晶 山梨 90期 96.39 9 5 1 0 0 3 3 3 19
山下渡 茨城 91期 105.56 0 0 0 8 2 5 5 4 11
中川貴徳 栃木 91期 100.20 0 0 0 4 2 2 4 1 18
岸沢賢太 埼玉 91期 98.42 4 1 2 6 0 5 4 6 16
伊藤太一 山梨 91期 94.69 0 0 1 2 1 2 2 4 18
阿部大樹 埼玉 94期 100.39 2 0 3 3 0 2 4 7 15
亀井久幸 千葉 95期 91.63 2 0 2 1 1 0 4 4 27
村上直久 神奈川 95期 102.17 2 1 3 3 0 4 3 1 10
坂本周輝 青森 100期 101.97 14 7 3 1 0 3 8 4 15
伊東翔貴 福島 100期 100.52 7 3 5 0 1 4 5 3 11
笠松将太 埼玉 100期 95.42 11 5 5 1 0 7 4 2 11
坂本将太郎 栃木 101期 97.70 0 0 0 2 3 1 4 3 15
末木浩二 山梨 109期 100.28 11 5 4 0 0 3 6 3 13
田頭寛之 千葉 109期 92.41 19 1 2 0 0 2 1 1 25

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 河野 通孝選手

  • 武田 豊樹選手

  • 鈴木 謙太郎選手

  • 山下 渡選手

【A級戦展望】金子幸央の戦歴信頼

S降りの金子幸央の力を信頼する。前期までS級1班として活躍してきた脚力はA級なら一枚抜けている。このメンバー構成ならスピードの違いを見せる。栃木同士の幸田光博が金子の援護役だ。武田亮は関東のホープ。ここに来て急成長を遂げている。ラインの先頭で関東勢をけん引する。堅実な台和紀が埼京で武田と連係か。
 第2勢力は南関勢だ。格清洋介は前期S級戦でも先行基本の走りでコンスタントに連対していた。強力な関東勢を相手に真っ向勝負を挑む。静岡同士の梅原大治、ベテランの宮倉勇ら追い込み陣もしっかりしている。
 北日本勢は阿部英光、丸山貴秀がV候補に挙げられる。スジの目標手薄の不利をどう克服するかがポイントだ。

出場予定選手
金子幸央
出場予定選手
格清洋介

甲斐康昭 (群馬/89期/A1)

 6月弥彦ミッドナイトの準決勝は先制した山崎寛のライン3番手から直線シャープに伸びて1着。高配当を演出している。

甲斐康昭

若林耕司 (群馬/87期/A2)

 7月武雄ミッドナイトは連勝で今年初優出。予選、準決勝とも流れが向いたとはいえ、差し脚は切れている。

若林耕司

出場選手

A級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
宮倉勇 千葉 58期 90.58 0 0 0 6 4 3 7 6 10
幸田光博 栃木 67期 91.96 0 0 0 2 2 2 2 7 16
小泉俊也 岩手 77期 85.63 7 3 5 4 0 10 2 2 13
梅原大治 静岡 81期 90.07 0 0 0 1 2 1 2 2 9
春日勇人 千葉 82期 95.26 0 0 0 3 1 2 2 9 14
台和紀 埼玉 83期 90.80 0 0 0 4 1 4 1 1 19
阿部英光 宮城 89期 89.11 0 0 0 2 3 2 3 4 19
丸山貴秀 秋田 89期 89.58 0 0 0 3 5 2 6 3 8
甲斐康昭 群馬 89期 87.81 1 0 0 5 2 3 4 6 14
佐藤政利 新潟 91期 84.96 0 0 0 5 0 4 1 7 12
大崎和也 青森 92期 87.11 0 0 0 3 1 1 3 4 11
金子幸央 栃木 101期 97.75 13 5 11 1 0 15 2 3 8
菱沼元樹 埼玉 111期 87.00 16 4 4 0 0 5 3 2 14
格清洋介 静岡 111期 89.07 13 7 2 1 0 4 6 1 16

A級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
高橋京治 埼玉 51期 81.57 0 0 0 1 3 0 4 2 22
須々田大昇 青森 80期 82.00 0 0 1 3 2 1 5 2 18
富沢洋祐 静岡 81期 78.95 0 0 0 0 1 0 1 1 19
対馬太陽 神奈川 85期 84.24 1 0 1 6 1 5 3 1 16
若林耕司 群馬 87期 85.87 2 0 1 4 3 5 3 2 13
太田貴之 宮城 88期 84.20 0 0 0 1 3 1 3 8 18
岡崎泰郎 神奈川 88期 75.25 0 0 0 0 0 0 0 0 12
長岡豪 群馬 91期 78.00 0 0 0 1 1 0 2 1 9
羽石国臣 栃木 93期 83.44 1 0 3 1 1 3 2 2 11
薮田貴幸 茨城 94期 81.19 0 0 0 3 0 1 2 6 18
玉木英典 福島 95期 78.54 3 1 0 0 3 0 4 4 16
吉田昌弘 埼玉 97期 81.75 0 0 0 1 1 1 1 5 13
磯島成介 青森 115期 86.93 14 7 10 3 0 11 9 1 6
武田亮 東京 115期 93.50 16 13 5 0 0 13 5 2 4

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 薮田 貴幸選手