レース情報
race

取手競輪場F2シリーズ 6月13日開催初日

  • A級戦
  • チャレンジ
  • L級戦

【A級戦展望】小林令が決め脚発揮

 豊富な戦力を誇る関東勢がシリーズを優位に進める。ラインの核になるのは小林令だ。5月奈良の決勝は中団キープから力強くまくって、今年初優勝を飾った。決め脚は冴えている。今シリーズは先行力ある隅田洋介を目標に鋭く抜け出そう。その隅田も徹底先行のスタイルを貫き、高いレベルで安定している。ここもラインの先頭で攻めるのみ。土屋仁は地元のアドバンテージを生かして勝ち上がる。高橋昇平、平原啓多の埼玉勢まで加われば、ラインの厚みが増す。
 柴田竜史は今年に入って優勝3回。今期の競走得点は94点オーバーとメンバー最上位だ。自力のシーンは減ったが、番手戦もソツなくこなしている。ここは坂木田雄介とのタッグで勝機を見出す。坂木田は持ち味のカマシ、まくりで奮闘している。
 北日本勢は棟方次郎に、三澤康人、開坂秀明らいぶし銀のマーカーがそろっている。スジの機動型が手薄な不利をどう克服するか。

出場予定選手
小林令
出場予定選手
柴田竜史

山崎悟 (茨城/92期/A1)

 3月平塚で落車してからピリッとしないが、この地元戦に照準を合わせて立て直してくるだろう。地の利を生かして結果を出す。

山崎悟

菱沼元樹 (埼玉/111期/A2)

 2班に上がってからやや伸び悩んでいる印象だが、徐々に力はついている。壁になっている準決勝を突破できるか。

菱沼元樹

出場選手

A級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
石井孝 千葉 68期 82.52 0 0 0 3 0 0 3 5 19
岡嵜浩一 神奈川 69期 86.12 0 0 1 0 3 1 3 5 24
棟方次郎 青森 73期 94.88 0 0 0 8 0 4 4 2 14
宇賀神浩幸 栃木 73期 84.54 0 0 0 2 1 1 2 6 15
鈴木規純 福島 75期 87.60 0 0 0 4 1 1 4 2 18
太田真一 埼玉 75期 86.71 0 0 0 2 3 2 3 1 18
坂木田雄介 千葉 78期 90.56 7 4 2 1 1 3 5 4 15
開坂秀明 青森 79期 93.64 0 0 0 3 3 1 5 7 12
安坂洋一 神奈川 79期 83.04 0 0 0 1 0 1 0 7 19
永井隆一 東京 83期 80.89 0 0 0 0 0 0 0 2 17
土屋仁 茨城 84期 89.16 0 0 0 3 3 2 4 3 16
国広哲治 埼玉 84期 84.50 0 0 0 3 0 2 1 3 18
三沢康人 宮城 91期 86.17 0 0 0 2 1 1 2 1 14
原田泰志 新潟 91期 91.17 2 2 4 7 1 5 9 2 14
山崎悟 茨城 92期 84.43 0 0 0 3 1 2 2 4 15
中川拓也 群馬 94期 86.15 8 3 5 0 0 7 1 4 15
柴田竜史 静岡 96期 92.81 0 0 0 7 1 4 4 7 12
平原啓多 埼玉 97期 89.82 1 0 1 5 3 4 5 4 15
高橋昇平 埼玉 99期 91.93 0 0 0 8 2 5 5 4 13
保科千春 宮城 100期 87.22 7 2 2 1 1 2 4 4 17
渋谷錬 神奈川 103期 81.85 0 0 0 1 0 1 0 4 21
田中誇士 静岡 103期 84.42 5 0 8 1 0 4 5 3 14
隅田洋介 栃木 107期 93.38 17 6 0 1 0 3 4 5 9

A級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
三谷幸宏 北海道 67期 82.88 0 0 0 1 2 0 3 2 19
亀井雅斗 群馬 75期 81.38 0 0 0 2 0 0 2 3 16
高桑由昇 福島 81期 83.93 0 0 0 4 2 2 4 2 19
青山佐知男 千葉 81期 78.30 0 0 1 2 1 0 4 3 23
勝俣亮 神奈川 82期 79.15 4 2 2 0 0 3 1 2 21
伊藤大理 長野 85期 82.83 0 0 1 3 2 2 4 3 9
溝口和人 神奈川 85期 84.71 0 0 0 3 4 1 6 2 15
山田慎一郎 神奈川 89期 82.26 1 0 0 3 0 2 1 4 27
鰐渕圭佑 群馬 90期 81.38 0 0 0 3 2 1 4 1 20
長岡豪 群馬 91期 77.85 1 0 1 0 0 0 1 3 22
盛田将人 北海道 92期 79.33 0 0 0 1 0 1 0 3 23
大島将人 福島 94期 84.00 2 0 1 1 1 2 1 3 14
水野悟志 静岡 94期 86.11 0 0 1 4 3 5 3 4 15
高橋明久 宮城 98期 84.79 13 6 0 1 0 3 4 3 14
三浦雄大 宮城 98期 90.13 0 1 3 5 0 5 4 0 6
今村俊雄 山梨 99期 78.83 0 0 0 0 0 0 0 0 6
鈴木広人 神奈川 99期 84.29 8 2 5 1 0 7 1 5 22
吉田元輝 茨城 100期 88.57 3 0 6 1 2 5 4 1 13
鈴木豪 福島 105期 82.30 12 2 4 0 0 2 4 0 21
楠野史尭 埼玉 105期 80.59 14 2 0 2 0 2 2 2 23
猪野泰介 山形 111期 80.74 15 3 0 0 0 3 0 1 19
菱沼元樹 埼玉 111期 87.64 12 6 7 0 0 10 3 0 15

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 土屋 仁選手

  • 山崎 悟選手

  • 吉田 元輝選手

【チャレンジ展望】中嶋宣成がパワー全開

 抜群の先行力はデビュー前から注目されていた中嶋宣成。2度の落車で出世争いに出遅れてしまったが、力のあるところは見せている。今シリーズは圧巻のパワーで同期のライバルたちをねじ伏せる。
 樋口開土は優勝回数こそ少ないが、毎場所コンスタントにV争いを演じている。ほとんどのレースでバックを取っているようにレース内容もいい。ここは同期で関東同士の中嶋との連係があるかどうか。
 久樹克門は今年に入って優勝5回と順調にパワーアップしている。この開催の直後にレインボーカップチャレンジファイナルが控えている。しっかり結果を出して、弾みをつける。
 113期以外では井上嵩の存在感が光る。ここも得意のカマシ、まくりで新人に襲いかかる。山崎泰己は戦法の幅を広げて、安定感が増している。

出場予定選手
中嶋宣成
出場予定選手
久樹克門

篠田樹 (大分/113期/A3)

 5月小倉ミッドナイトは無傷の3連勝で待望の初優勝を飾った。荒削りでポカも多いが、自分の型に持ち込めば強い。

篠田樹

大井崇 (茨城/73期/A3)

 45歳となった今もなお自力勝負で奮戦している。仕掛けどころを熟知しているホームバンクなら上位進出も望める。

大井崇

出場選手

A級3班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
前田義秋 栃木 52期 68.64 0 0 0 0 2 0 2 5 15
安藤雄一 福岡 59期 71.71 1 0 0 6 2 4 4 6 14
茨木基成 東京 60期 69.75 0 0 0 3 2 2 3 4 15
斎藤将弘 東京 64期 66.78 0 0 0 2 0 1 1 1 15
長沢道雄 兵庫 65期 63.56 0 0 0 0 0 0 0 0 25
井上典善 千葉 66期 71.69 0 0 0 2 2 1 3 2 7
高浜裕一 宮城 69期 70.17 0 0 0 3 1 2 2 4 15
鈴木健一 福島 69期 67.19 0 0 0 2 0 1 1 4 21
柳沢達也 兵庫 72期 68.95 0 0 1 3 0 3 1 2 16
大井崇 茨城 73期 68.92 6 4 1 0 2 2 5 2 16
丹波福道 岡山 74期 68.52 1 0 2 0 4 1 5 1 22
渋江洋平 栃木 77期 67.20 0 0 0 1 0 0 1 3 26
加藤昌平 福岡 80期 74.46 0 0 0 9 5 5 9 1 9
吉本将 徳島 81期 66.24 0 0 0 0 1 0 1 4 16
渡会啓介 愛知 83期 73.88 3 2 8 1 1 7 5 3 9
清水一博 岩手 84期 66.83 0 0 0 2 1 0 3 3 18
菊地大輔 栃木 85期 71.83 0 0 0 4 4 1 7 7 14
片岡昌彰 千葉 85期 69.80 0 0 0 3 0 2 1 6 16
宮下潤 神奈川 86期 69.58 2 1 0 3 0 2 2 6 16
井上将志 大阪 86期 68.15 0 0 0 4 2 1 5 3 18
中村大和 大分 87期 66.15 0 0 1 0 0 1 0 1 11
山中孝一 埼玉 88期 74.22 5 1 4 3 3 7 4 2 14
富永昌久 佐賀 88期 68.21 2 0 1 2 4 1 6 4 13
坂本佳憲 大阪 90期 70.89 4 0 0 3 1 3 1 10 13
小酒大司 福島 94期 74.50 0 0 4 3 3 6 4 1 13
関根崇人 福島 94期 72.63 9 4 2 1 0 4 3 4 13
渡辺馨 神奈川 96期 67.81 5 4 0 3 2 4 5 2 16
井上嵩 愛知 97期 78.20 12 6 6 1 2 9 6 0 10
山崎泰己 岡山 101期 80.88 3 3 5 7 8 12 11 6 4
渡邊颯太 静岡 109期 72.83 5 0 8 1 0 8 1 3 11
樋口開土 東京 113期 80.63 24 18 4 0 0 18 4 2 6
中嶋宣成 長野 113期 79.39 21 16 6 0 0 18 4 2 4
久樹克門 徳島 113期 81.63 21 13 6 3 0 20 2 0 5
真崎章徳 佐賀 113期 70.62 11 3 3 1 0 1 6 6 13
篠田樹 大分 113期 74.75 17 11 4 0 0 14 1 1 12

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 大井 崇選手

【L級戦展望】力が違う小林優香

 ガールズは小林優香の独壇場だ。昨年からナショナルチームで大活躍している。海外の選手と互角に渡り合っているスピードとパワーは国内では抜けている。取手は昨年6月にガールズケイリンインターナショナルで外国勢を相手に3着に敗れているが、それから1年間で飛躍的な成長を遂げた。今年は単発レース2回を含め、5走負けなし。今シリーズも圧巻の走りでファンを魅了しよう。
 荒牧聖未はガールズの1期生として、今年も存在感を存分に発揮している。にどのような立ち回りで小林に挑むか注目だ。
 吉村早耶香は昨年11月から決勝を外していない。先行、まくりの自力にこだわるスタイルで着実にパワーアップしている。
 底力ある中村由香里や好調な成田可菜絵の動向も見逃せない。

出場予定選手
小林優香
出場予定選手
荒牧聖未

佐藤亜貴子 (神奈川/108期/L1)

 ここに来て優出回数が増えるなど、調子を上げている。5月弥彦ミッドナイトの2日目は荒牧聖未のまくりを差し切り、高配当を演出した。

佐藤亜貴子

高橋智香 (愛知/112期/L1)

 5月の前橋、高松で連続優出するなど、調子、成績とも右肩上がり。当地は昨年、2回参戦して2回とも決勝に乗っている。

高橋智香

出場選手

L級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
荒牧聖未 栃木 102期 54.00 2 0 9 2 5 4 12 7 8
中村由香里 東京 102期 51.68 1 0 1 5 2 4 4 9 11
浦部郁里 福井 102期 47.61 0 0 1 0 1 0 2 3 23
長沢彩 愛知 106期 54.62 7 2 6 2 3 4 9 3 5
山路藍 京都 106期 44.00 0 0 0 0 0 0 0 1 29
小林優香 福岡 106期 58.00 0 0 7 0 0 7 0 0 0
佐藤亜貴子 神奈川 108期 49.90 2 0 5 1 1 3 4 4 19
宮地寧々 岐阜 110期 48.53 10 3 1 1 1 1 5 1 23
吉村早耶香 静岡 112期 53.43 9 2 7 2 1 5 7 2 7
高橋智香 愛知 112期 49.63 1 0 0 0 4 0 4 6 14
中西叶美 愛知 112期 48.79 0 0 2 1 1 1 3 4 20
太田美穂 三重 112期 52.03 6 4 6 1 0 6 5 9 10
成田可菜絵 大阪 112期 52.45 5 3 0 3 4 2 8 6 13
三尾那央子 北海道 114期 44.26 0 0 0 0 0 0 0 1 26

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 地元選手の出走はありません