レース情報
race

取手競輪場開設68周年記念水戸黄門賞 11月10日開催初日

  • S級戦
  • EVOLUTION

【S級戦展望】地元は譲れない武田豊樹

 取手競輪開設68周年記念「水戸黄門賞」が11月10日〜13日の日程で開催される。地元の武田豊樹が主役を務める4日間。後輩の吉澤純平、鈴木竜士らと連係してVへ一直線だ。山中秀将、山崎芳仁、山崎賢人らトップレーサーと白熱のバトルを繰り広げる。最終日の6レースのケイリンエボリューションには中川誠一郎が登場。こちらも注目だ。

 武田豊樹が6年ぶり4度目の地元記念制覇へ全身全霊を傾ける。今年は3月松山ウィナーズカップで久々のビッグ制覇を果たした。後半戦は度重なる落車に苦しんでいるが、競輪に対して真摯に取り組む姿勢は変わらない。現在、賞金ランキング7位でグランプリ出場争いの渦中にいるだけに、これからが正念場だ。しっかり戦える状態に戻して11月を迎える。地元記念で結果を残して、競輪祭に弾みをつける。武田にとって心強いのは吉澤純平、鈴木竜士の存在だ。前回大会覇者の吉澤は関東を代表する機動型に成長を遂げた。2月四日市の全日本選抜、6月岸和田の高松宮記念杯と今年2度のG1優出を決めている。後半戦に入って失速気味だが、気持ちが入る地元記念で流れを変える。師匠の武田の前で失敗はできない。鈴木は8月小田原ブロックセブン、9月四日市F1で連続優勝。その後もF1シリーズながら抜群の安定感を誇っている。好調時のダッシュ、スピードは完全に戻っている。地元記念は意外にも初出場。ファンの前で全力を出し切る。

 南関勢は戦力が充実している。山中秀将、根田空史の機動型2枚に、自在型の松谷秀幸、和田健太郎、五十嵐力と追い込み陣もしっかりしている。山中はダッシュを利かしたタテ攻撃が冴えている。3月玉野から5連続で記念優出していたが、肝心の10月千葉記念in松戸で準決勝敗退を喫した。悔しさをここで晴らす。根田は相変わらず波が大きいが、はまった時の爆発力はケタ違いだ。和田は差し脚堅調。展開不問で上位争いに食い込める。松谷も落車の怪我からは立ち直ってきている。五十嵐は9月小倉F1、10月防府F1でともに準優勝と、調子は上昇カーブを描く。南関勢が大挙して決勝に勝ち上がれば、ラインの力で他地区に対抗できる。

 九州の新星、山崎賢人の走りからも目が離せない。G1初出場の8月平オールスターでいきなり決勝に乗ると、9月高知の共同通信社杯は初日から3連勝でビッグ連続優出を果たした。10月前橋の仁親王牌は脇本雄に準決勝で敗れ優出こそ逃したが、シリーズ3勝。取手は初参戦だが、勢いそのままに記念初優勝まで駆け上がるか。山田英明が追加参戦。賞金ランキング11位とグランプリ出場を狙える好位置につけているだけに、ここで賞金の上積みがほしい。一戦一戦が勝負だ。決勝で山崎と連係できれば、チャンスは大きい。落車、失格が続いている大塚健一郎は悪い流れを断ち切りたい。

 山崎芳仁は近況、目立った活躍こそないが、白星が多く底力はまだまだ健在だ。流れさえ向けば勝ち負けできる。

 総力戦で挑む松浦悠士も混戦になれば出番が巡ってくる。稲垣裕之、椎木尾拓哉の近畿勢も忘れてはなるまい

出場予定選手
武田豊樹
出場予定選手
山中秀将

松村友和 (大阪/88期/S2)

 今期に入って2回失格しているが、差し脚は切れている。10月川崎の決勝は番手まくりの川口聖を直線でズブリ。初日からオール連対で待望のS級初優勝を飾った。今のデキなら上位進出が狙える。

松村友和

庄子信弘 (宮城/84期/S2)

 今期は毎場所コンスタントに勝ち星を挙げている。10月平塚の最終日は鮮やかなまくって快勝。上がり11秒6の好タイムを叩き出すなどタテ脚は冴えている。S級点を確保するためにもここで活躍したい。

庄子信弘

堀僚介 (大阪/109期/S2)

 落車のケガの影響で夏場は苦しんだが、ここに来て調子を一気に上げている。10月熊本記念in久留米の一次予選は前団の混戦を豪快にまくって圧勝。3連単90万円近い超大穴配当を演出している。

堀僚介

出場選手

S級S班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
武田豊樹 茨城 88期 113.40 0 0 1 2 2 3 2 2 8

S級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
岡部芳幸 福島 66期 100.89 0 0 0 1 0 0 1 4 13
江守昇 千葉 73期 103.00 0 0 0 3 2 1 4 1 6
白戸淳太郎 神奈川 74期 107.75 0 0 0 4 1 3 2 5 14
金子貴志 愛知 75期 112.94 1 0 1 4 3 4 4 3 6
堤洋 徳島 75期 107.26 0 0 0 3 1 2 2 5 14
小倉竜二 徳島 77期 112.63 1 0 1 7 1 3 6 3 7
山田幸司 神奈川 78期 103.71 0 0 0 3 2 0 5 1 15
佐々木則幸 高知 79期 106.10 0 0 0 3 1 1 3 1 16
大塚健一郎 大分 82期 109.00 0 0 0 2 1 0 3 2 4
西岡正一 和歌山 84期 103.71 0 0 0 1 2 1 2 3 15
大槻寛徳 宮城 85期 113.30 0 0 0 4 1 2 3 6 12
吉田敏洋 愛知 85期 108.68 3 0 1 3 1 4 1 2 12
川村晃司 京都 85期 106.80 5 2 2 3 0 3 4 1 22
高原仁志 徳島 85期 107.72 0 0 0 4 0 4 0 2 12
稲垣裕之 京都 86期 112.11 1 0 1 2 6 2 7 0 10
和田健太郎 千葉 87期 113.56 0 0 2 5 1 3 5 1 9
五十嵐力 神奈川 87期 109.10 0 0 0 7 2 3 6 2 10
山崎芳仁 福島 88期 112.35 1 0 7 6 0 10 3 1 12
筒井裕哉 兵庫 89期 101.88 2 0 1 3 0 2 2 3 19
山田英明 佐賀 89期 114.43 3 0 3 3 2 4 4 3 10
志村太賀 山梨 90期 107.17 0 0 0 4 2 3 3 4 14
北津留翼 福岡 90期 106.50 3 3 8 0 0 6 5 1 12
林巨人 愛知 91期 107.18 0 0 0 5 2 3 4 3 18
椎木尾拓哉 和歌山 93期 112.68 0 0 1 9 1 5 6 3 11
坂本貴史 青森 94期 107.85 4 0 9 0 0 7 2 2 15
根田空史 千葉 94期 110.67 12 2 6 0 0 5 3 3 13
藤田勝也 和歌山 94期 100.79 8 0 2 2 1 3 2 3 16
芦沢辰弘 茨城 95期 108.83 0 0 0 4 1 3 2 2 5
山中秀将 千葉 95期 111.25 6 0 9 0 0 7 2 4 7
佐藤博紀 岩手 96期 107.24 6 1 8 0 0 5 4 0 12
松谷秀幸 神奈川 96期 108.47 2 0 1 1 1 0 3 3 9
松浦悠士 広島 98期 114.63 1 0 4 5 1 7 3 7 10
吉沢純平 茨城 101期 111.70 7 1 4 1 0 4 2 2 12
杉森輝大 茨城 103期 108.53 5 1 5 2 0 4 4 4 20
鈴木竜士 茨城 107期 111.75 19 6 8 0 0 10 4 4 6

S級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
大前寛則 岡山 57期 96.25 0 0 0 0 1 0 1 7 20
大薗宏 茨城 71期 96.42 0 0 0 4 2 3 3 1 19
野木義規 北海道 72期 96.61 0 0 0 1 0 0 1 2 15
立石拓也 福岡 72期 92.20 0 0 0 0 0 0 0 3 22
古閑良介 福岡 73期 94.00 0 0 0 2 1 2 1 2 24
竹田和幸 岐阜 78期 96.25 0 0 0 0 0 0 0 5 19
山崎充央 東京 79期 99.76 0 0 0 2 0 1 1 6 17
小林卓人 大阪 79期 95.96 0 0 0 0 1 0 1 2 20
吉永好宏 広島 80期 98.85 0 0 0 2 1 2 1 4 19
川村昭弘 新潟 81期 93.20 0 0 0 1 1 1 1 1 17
土屋裕二 静岡 81期 101.32 0 0 0 5 1 3 3 5 11
山口貴嗣 福岡 82期 95.17 0 0 0 1 0 1 0 0 5
佐藤慎太郎 福島 83期 99.03 0 0 0 5 2 3 4 2 21
庄子信弘 宮城 84期 98.45 1 0 4 6 0 6 4 1 20
吉本哲郎 広島 84期 103.59 21 6 5 0 0 7 4 6 15
佐々木孝司 青森 84期 99.73 14 5 7 0 0 5 7 1 17
荒沢貴史 北海道 85期 102.45 0 0 0 2 2 1 3 5 11
加藤圭一 神奈川 85期 103.78 0 0 0 2 1 0 3 5 10
小林則之 静岡 85期 101.00 5 1 5 0 0 4 2 2 14
佐藤亙 愛知 85期 99.59 0 0 0 3 2 0 5 2 20
筒井敦史 岡山 85期 104.39 0 0 0 1 2 1 2 2 13
菅原晃 大分 85期 102.36 2 0 4 5 2 3 8 2 9
矢口啓一郎 群馬 86期 100.05 5 1 3 2 1 5 2 1 12
原真司 岐阜 86期 101.13 0 0 0 5 1 2 4 5 19
斎藤正国 栃木 87期 96.81 0 0 3 2 0 5 0 2 20
吉田健市 愛知 87期 94.45 0 0 0 0 0 0 0 1 21
藤原浩 高知 87期 98.36 0 0 0 0 0 0 0 5 20
梶山裕次郎 福岡 87期 91.97 0 0 0 0 0 0 0 1 29
山田和巧 神奈川 87期 96.87 0 0 0 2 1 1 2 4 24
石塚孝幸 神奈川 89期 97.44 0 0 0 1 1 1 1 0 23
鈴木謙太郎 茨城 90期 104.62 7 2 4 0 0 3 3 2 5
中村敏之輔 北海道 91期 103.91 0 0 2 2 2 1 5 3 13
金沢幸司 福島 91期 91.53 1 0 0 0 0 0 0 0 19
中川貴徳 栃木 91期 96.88 0 0 0 2 2 1 3 1 21
石川雅望 群馬 91期 98.35 0 0 0 2 1 1 2 2 15
岸沢賢太 埼玉 91期 97.74 4 0 6 3 0 6 3 2 23
柴崎俊光 三重 91期 106.00 0 0 0 6 2 5 3 4 11
安部貴之 宮城 92期 104.92 0 0 1 6 1 6 2 2 14
須藤誠 千葉 92期 102.95 0 0 1 1 3 2 3 2 12
鷲田幸司 福井 92期 97.60 0 0 0 0 0 0 0 1 14
戸田洋平 岡山 92期 102.83 0 0 0 4 2 3 3 2 16
関貴之 茨城 93期 99.69 0 0 0 3 0 2 1 1 12
三谷政史 奈良 93期 106.53 0 0 0 5 1 2 4 4 5
連仏康浩 岡山 93期 95.61 5 0 3 3 0 1 5 5 22
須永優太 福島 94期 103.60 0 0 1 2 0 1 2 1 11
鈴木雄一朗 東京 94期 92.75 4 2 2 0 0 3 1 0 20
伊藤拓人 静岡 94期 90.82 0 0 0 0 0 0 0 1 16
鹿内翔 青森 95期 103.67 0 0 0 3 3 3 3 2 10
下沖功児 宮崎 95期 90.84 9 0 2 0 1 0 3 0 29
守沢太志 秋田 96期 111.46 3 2 3 9 6 11 9 1 3
小川祐司 愛媛 96期 99.44 12 2 2 0 0 3 1 6 17
松沢敬輔 宮城 97期 93.68 2 0 1 1 0 0 2 2 18
久木原洋 埼玉 97期 98.13 9 4 6 2 1 9 4 2 16
本多哲也 千葉 97期 96.42 12 2 4 0 0 2 4 2 18
中井太祐 奈良 97期 102.92 10 3 5 0 1 3 6 0 15
角令央奈 兵庫 98期 98.17 0 0 0 4 0 2 2 2 18
中田健太 埼玉 99期 104.80 0 0 0 5 1 2 4 5 14
山口幸太郎 長崎 99期 92.59 0 0 0 0 0 0 0 0 17
上吹越俊一 鹿児島 99期 94.10 0 0 2 1 0 3 0 0 18
斎藤宗徳 千葉 100期 91.50 10 1 0 1 0 2 0 1 27
桜井雄太 愛知 100期 91.33 6 1 1 0 0 1 1 0 22
久島尚樹 宮崎 100期 96.60 0 0 0 1 0 0 1 1 8
土屋壮登 埼玉 101期 93.61 8 0 2 1 0 3 0 4 21
巴直也 神奈川 101期 101.72 4 0 5 0 2 3 4 1 17
津村洸次郎 福岡 101期 99.69 10 2 8 0 0 6 4 1 15
日野博幸 愛媛 103期 93.72 7 2 2 0 1 3 2 3 17
坂本周作 青森 105期 101.92 15 3 2 3 0 5 3 3 14
副島和人 神奈川 105期 97.93 0 0 0 0 1 0 1 1 12
渡邉豪大 静岡 107期 104.00 0 0 1 0 0 1 0 0 0
末木浩二 山梨 109期 95.55 9 4 1 0 0 3 2 2 15
堀僚介 大阪 109期 95.50 10 3 1 1 0 4 1 2 17
山崎賢人 長崎 111期 117.32 13 8 5 0 0 10 3 1 5

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 武田 豊樹選手

  • 芦沢 辰弘選手

  • 吉沢 純平選手

  • 杉森 輝大選手

  • 鈴木 竜士選手

  • 大薗 宏選手

  • 鈴木 謙太郎選手

  • 関 貴之選手

【S級戦展望】中川誠一郎で断然

 中川誠一郎が断トツ人気を集めよう。スプリントの第一人者として五輪に2大会連続出場。競技から退いた今年も全プロを優勝している。競輪でも、10月久留米での熊本記念で先まくりの平原康を、上がり10秒8で飲み込んで地元エースの責任を果たしたばかりだ。エボリューションなら、初手の位置取りも展開も関係なし。乗り慣れたカーボンフレームで豪脚を披露する。
 次位争いは、経験値の高さで櫻井正孝にまずは期待。アマ時代には自転車競技で鳴らし、エボリューションも昨年7月福井で経験している。近況重視なら中西大だろう。エボリューションでも先手を奪って粘り込むレースが見られるか。2班勢は横一線。位置取り次第で浮上も。

出場予定選手
中川誠一郎
出場予定選手
櫻井正考

出場選手

S級1班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
中川誠一郎 熊本 85期 116.33 3 0 9 1 0 9 1 3 5
桜井正孝 宮城 100期 102.63 4 0 4 2 0 4 2 3 18
中西大 和歌山 107期 105.90 16 5 5 0 0 7 3 2 17

S級2班

氏名 府県 期別 競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
金沢竜二 福島 91期 98.48 9 4 2 1 0 3 4 1 19
成松春樹 佐賀 93期 95.96 10 1 1 0 0 1 1 1 23
恩田淳平 群馬 100期 101.86 8 1 0 2 2 1 4 6 18
長尾拳太 岐阜 103期 100.16 9 2 3 0 0 0 5 3 17

*成績データは直近4ヶ月のものです。

地元選手出走情報

  • 地元選手の出走はありません